トリマー専門学校・非常勤講師募集★詳細はこちら

【トリミングサロン】店長候補の仕事内容や応募要件を解説!

大手ペットショップや新規オープンのペットサロンやトリミングサロンを中心に、通常の求人とは別に「店長候補の募集」求人をよく目にすることがあると思います。

転職を経験してきたトリマーさんの中には、これまでに何度か店長候補の求人が気になってはいたものの、具体的にどのような仕事をするのか?そもそも自分のスキルや経験は選考基準を満たしているのか?など、色々と不安を感じて応募をためらっていた方も一定数存在するのではないでしょうか。

りん

今回は、これから転職を考えているトリマーさん向けに、店長候補求人の募集要件や仕事内容について解説します🎵

そもそもなぜ店長候補を募集しているの?

既に営業しているペットショップやペットサロン、トリミングサロンの求人で【店長候補募集】のワードを見た時、大抵の人は「すでに営業している店舗でなぜ店長を募集するの?」という素朴な疑問を抱くことかと思います。

それに、多くの求人情報にはただ単に【店長候補募集】とだけ書かれており、その他の情報は条件面くらいしか分からない・・・なんてことも珍しくはありません。

色々なお店が店長候補を募集する主な理由は例として下記が挙げられます。

  1. 現店長が退職予定だから
  2. 2号店・3号店の出店計画があり、新規店舗での店長を育成するため
  3. 売上が悪く、店の経営を新店長に立て直してもらいたいから
  4. オーナーや経営者が新店長に店を任せて現役引退を考えているから

などなど・・・上記のように、店長候補を募集する理由はお店によって様々ですが、冒頭で説明した通り店長候補を募集したい理由を細かく記載している求人は少ないと思います。

そのような店長候補募集求人を見て、なぜ店長候補を募集しているのか?どのような業務を行うのか?が気になった時は直接問い合わせをして聞いてみましょう。

りん

なぜ店長候補を募集しているのか?その理由を知っておくことで、採用後の自分の働き方やそもそも就職をするのかどうかの判断をする材料にもなります🎵

トリミングサロンが考える店長候補の募集要件は?

ペットショップやトリミングサロンの店長候補求人を見て、最も目をひくポイントはトリマーやその他ショップスタッフと比べて各段に給与待遇が良いことではないでしょうか。

中にはトリマースタッフと比べて10万円以上も高い給与が提示されている求人も珍しくありません。しかし、そのぶん店舗側が応募者に期待する条件もそれなりである場合が多いといえます。

例えば・・・

  1. 店長職の経験がある
  2. 仕事に熱心な性格である
  3. フルタイム勤務ができる
  4. 残業や早出などイレギュラーなシフトにも対応できる
  5. 後輩や新人トリマーの指導育成を任せられる
  6. カットは一人前or一人で仕上げまでできる

などなど、上記と併せてマネジメント力を持ち合わせているかも採用を判断する基準になります。具体的には他トリマーへの気配りや思いやり、言葉遣い、仕事への取組み姿勢などです。

POINT
店長候補として内定をもらうためには、トリミング技術が優れているというだけでは不十分です。例え技術が未熟であったとしても、人柄が良く後輩トリマーやお客様に支持されるような人であれば店長候補として採用してもらえる確率が上がります。

応募者に期待する条件はそれぞれお店によって異なりますので、気になった求人には即アクションを起こしましょう。

これまで培ってきたトリマー経験やカット技術を生かし、より好条件の仕事を望むのはトリマーのような技術職の世界では当然のことですから、ぜひ前向きに応募を考えたいですね🎵

現役サロン店長

りん

「自分はまだまだ技術も足りないし経験不足だから・・・」と応募を見送っていると、気が付けばせっかくのチャンスを逃すだけになってしまいます❗️

カットの技術や実務経験に自信が無くても良いの?

カット技術や実務経験の有無については大抵が募集要項に記載があると思いますのでそちらを参考にしましょう。とはいっても、多くの店長候補求人においてカットの技術は一人で仕上げができれば基本的にOKな場合が多いでしょう。

店長の仕事はカット以外の部分が大半を占めることも珍しくないので、そこまで高いカット技術を求めることは少ないと思います。技術よりもどれくらいの勤続年数があるか?お店やスタッフを取りまとめてきた経験があるか?などの方が採用担当者は知りたいのではないでしょうか。

現役サロン店長

また、カットにとても自信がある!カット技術をますます向上させたい!カットの仕事だけに集中したい!と考える方は店長職には不向きかもしれません。

店長の仕事は店の外と中、あらゆることに気を配り、自分だけに集中する時間はほとんど無いと思っていいでしょう。

トリミングサロンの店長の仕事内容は?

ペットショップやトリミングサロンの店長が行う仕事内容や役割は、それぞれのお店によって様々ですが、例えばとあるチェーン店のトリミングサロンでは、日々のトリミング業務のほかに下記の業務を店長が担っています。

  • 本社への売り上げ報告
  • 定期的な会議
  • スタッフの採用面接
  • シフト作成
  • 店舗のイベント企画や実施
  • お客様からのクレーム対応

一方、小規模な個人店における店長の仕事は下記が挙げられます。

  • 日々の売り上げ管理や集計
  • 商品や消耗品の仕入れ
  • スタッフのシフトや人件費の管理、調整
  • 後輩や新人の育成

個人店では、大手チェーン店などよりも地域密着できめ細かなサービスを求められることが多々あります。トリミングサロンやトリマー同士の雰囲気も店長次第で大きく変わるので、職場内のマネジメントにも気配りが欠かせません。

チェーン店にしろ個人店にしろ、店長やマネージャーを経験しておくと独立開業時にとても役に立ちますよ🎵

現役サロン店長

りん

勤務するお店の規模やスタイルによって、同じ店長という役割でも仕事内容は大きく変わるので、自分の経験や興味関心、将来像と照らし合わせて自分らしい働き方を見つけていきましょう✨

店長候補で採用されたら必ず店長になれるの?

残念ながら店長候補として採用されたからといって、必ずしも店長になることが確約されている訳ではありません。

採用の時点ではあくまでも「候補」ですから、その後の働きぶりや人柄、カット技術などを総合的に見て判断されます。

現役サロン店長

既に店長経験がある人であれば、勤務先の状況によっては就職後数か月で店長に抜擢される人もいる一方で、中には店長という役割よりもトリマーとしての活躍の方が向いていると判断されることも珍しいことではありません。

給与待遇は事前確認を忘れずに!

店長候補の求人に限った話ではありませんが、採用が決まった際には必ず給与待遇に関する事項を確認しましょう。可能であれば面接の段階で確認できると尚良しです。

店長候補として採用されたからといって、採用後すぐ求人に記載のあった給与が支給されるとは限らないですもんね。

現役サロン店長

りん

場合によっては試用期間や店長候補でいる期間(店長になるまでの期間)は他スタッフと待遇が同等ということもありますが、これは割と普通のことです💡

まとめ

ペットショップやペットサロン、トリミングサロンの店長という立場は魅力を感じる一方で少なからずプレッシャーもかかります。

ですが、トリマーとして仕事を続けるうえで、たとえ短期間でも店長という立場を経験することは、今後の自分にとってとても大きな支えとなってくれるでしょう。

りん

少しでも店長候補または店長応募の求人が気になった時は、怖がって躊躇ったりせずに是非アクションを起こしてみてくださいね🎵